キラキラしてる女の子 私は羽ばたくよ

オレンジ色に光らないペンライト


今まであまり言えずに隠してきましたが私の中で思っている事そのまま書きます。春ツアーの話ばかりなので曲名とか普通に書いてあるのでセトリバレNGな方は絶対読まないでください。




2018年4月29日

モーニング娘。'18のコンサートに行きました。モーニング娘。は私が応援している工藤遥ちゃんが在籍していたグループです。以下ハルちゃんは去年の12月11日にグループを卒業。今は女優さんとして活躍しています。
それから娘。関係なくコンサートというコンサートに行ってなくて、行けなかったと言ったほうが正しいのか推しがいないコンサートに行こうとなかなか思えなくて。春ツアーのスケジュールが出た時に、

三重 4月29日(日)

という文字列を見て、三重が地元の私は、三重に来るなんて珍しいな〜。と思ったと同時に、あれ?この日って…、「工藤遥ちゃんが卒業発表をしたちょうど1年後」であると気付きました。発表の1年後に地元でコンサートがある、けれど推しの姿はない。たまたまの偶然なんですけどなんか運命のいたずらだなって思いました。(なんじゃそりゃ)


あーだこーだ言っていてもコンサートはとても楽しくて。卒コンぶりなので約4ヶ月ぶりのコンサートに疲労と老いを感じながら盛り上がりました。でもやっぱり所々でいるはずのない姿を探してしまって何回か泣きそうになりました。というか最終的に泣きました。大好きなあの曲もこの曲も全部ハルちゃんの声は聞こえない、そして踊る姿はない、メンバーに歌割りは引き継がれ、居たはずのポジションには全て埋め合わせがされていて、あぁこれがグループを卒業するという事なんだと改めて感じました。


私は歌割りを引き継ぐことはとても大事なことだと思ってるんです。その中でもハルちゃんの歌割りは森戸ちゃんがほとんど引き継いでいました。もちろん全部ではないです。タイミングがタイミングを呼んだのもありますが兼任で入った歌割りの少ない森戸ちゃんに抜けたハルちゃんの歌割りを割り振ったように思えて仕方なかったんです。すみませんこれは本当に私だけかもわからないので違うって意見もあると思います。でも少なくとも私は思ってしまいました。森戸ちゃんが歌もダンスもそつなくこなすのは見てきたので知っています。けどやっぱり何かが引っかかって。例えばさゆの歌割りをまりあが引き継いで歌ったり、鞘師のダンスパートをかえでぃが踊ったりするのとかそういうのとは違うじゃないですか。ハルちゃんの歌割りってそんなパッと埋め合わせられるものなのかなって思ったらなんだか悔しくて。その子が歌っていたパートだから大事に歌ってもらわなきゃ困るとまではオタクのエゴなので言えないけれど、思ってしまうのも普通で。そこですごく悲しくなりました。誰かがやらないとパートが抜けたままになるのだからそりゃあ誰かが引き継ぐのだけど。その誰かが誰ってこんなに気にしてはいけない事なのだろうか…?


涙が自然と出てきたのがhelp me!!でした。何度も言ってるんですけど私がモーニング娘。に再熱したのがこの曲で、何百回も見たPVにはいつもハルちゃんの姿があったし、卒業発表のあった2017年の春ツアーでもこの曲はセトリとして組まれていたんです。でも今回はフル1曲丸々歌う事を知らなくてどこを探してもハルちゃんはいないから余計に涙が出ました。知っている曲なのにまるで違う曲のようでした。TIKI BUNもパスゼロも私が当時コンサートに行かなかったせいで見れなかった曲だったから生で聴けて本当に嬉しかったけどどうしてもハルちゃんがいる時に歌ってほしかったってワガママを考えてしまいました。坊やも大人になれば大人になれるも、卒業してすぐのツアーで歌うのかぁ…って考えたらしんどくなりました。姿がなくなるなんてわかりきってた事なのに今までが当たり前過ぎたからグループの中にいて歌って踊る事が当たり前だったから。わかってはいてもわかりたくなかったのかもしれません。そのうちハルちゃんが居ない事に慣れてしまう日が来るかもしれないと思うと怖いです。そんな日が来るかどうかはわからないけれど。


セトリがBパターンだったのでジェラシージェラシーからのアンコールがブラボー(しかもしんみり始まるバージョン)だったんです。これ1年前と全く一緒なんですよ。京都の昼公演、アンコールでジェラシージェラシー歌ってからの卒業発表で涙で何も見えなかったブラボーの流れと一緒なんです。1年前の自分に来年もコンサートで同じ曲聴いて泣く事になるよって言っても信じないでしょう。嫌でも1年前の事が蘇ってきました。頭の中が真っ白になって泣いても泣いても涙が出てきて嗚咽も出てきて絶望だったあの日。今でも思い出すと心が締め付けられるようなえぐられるような。コンサート帰りに寄ったサイゼリヤで食べたパスタがまるでゴムみたいで全然喉を通らなくて死にそうだった去年。ちょうど1年経ったこの日にコンサートに行って1年前と同じ曲を聴くなんて私はドのつくMなのかもしれない。


でも、でも、コンサートに行って良かった。これは本当です。だって私はモーニング娘。が好きだから。推しのいたモーニング娘。もいなくなったモーニング娘。も。全部全部。それだけは変わらない。だから三重に来てくれてありがとうという気持ちでいっぱいです。1年前のこの日を卒業発表に選んでくれたおかげで半年と少しの間で卒業を受け入れ沢山の思い出を作る事が出来た今は、あの場所あの瞬間に本人の口から決意を聞けた事本当に良かったって思っています。


思っていたよりも未練がタラタラしてる事に自分で驚いています。オタクって面倒ですね…。ハルちゃんは今もなお沢山の事をオタクに与えてくれているのに…。多分きっとこの先2017年4月29日の事を毎年思い出して懐かしむと思います。だから懐かしむ為にも頑張って生きていこうと思います。


そして想像していたよりもずっと毎日楽しく過ごしているのも事実で。オタクもハルちゃんも成長して強くなってるよ!だから元気出して!今ならそうやって1年前の自分を励ますことが出来る気がします。